2013年10月アーカイブ

気圧の低下とリバウンド

| コメント(0)

 私の仕事は3カ月に一度は繁忙期になり、10月は、その繁忙期にあたる。なので、術後の経過には良くないだろうが、元頸椎症の患者には良くない姿勢の毎日となる。それに加えて台風の到来となると、ダブルパンチである。気圧の低下は頸椎症には本当に辛い影響を与えることになる。ずっと続くわけではないが、今日はかなり痺れていて集中力がかけ、仕事が思うように進まなかった。朝晩のリリカに加え、昼間にトラムセットを服用している。結局、仕事をしなければだいぶ楽なのであるが、そういうわけにもいかないので、痺れが増すのを我慢することになる。一体いつまでこのリバウンドと対峙しなければならないのかと考え込んでしまう。一日を通せば、そんなにひどい自覚症状ではないが、仕事中は集中力を欠くほどに結構な痺れをもたらしている。C6-C7の頸椎症のリバウンドであるらしいが、いつになったら許してもらえるのだろうか。ちょっと辛くなってしまう。,

 

獺祭はすばらしいお酒。

| コメント(0)

 獺祭の「寒造早槽」というしぼりたて生酒をいただいた。本当にすばらしいお酒である。パーフェクトであると私は思う。BGMはOSCAR PETERSONを選んだ。彼の速弾きのピアノがテンポを上げてくれるので、あっという間に5合に達してしまった。今日はおしまいである。ジャズと日本酒のフュージョンという感じである。

 すばらしい音楽と旨いお酒、秋の訪れを感じるちょっと幸せを感じる至極のときを味わった。今日も結局、仕事に明け暮れてしまったが、また明日から仕事かあ。うーん、頑張るぞ。

2013-10-20-18-57-50_photo_resized.jpg

何となく経過報告

| コメント(0)

 主治医から平均して手術後3カ月で落ち着くと言われながらも、なかなか症状が正常時に戻らないことにイライラが募る毎日を送っている。但し、この正常というのは全くの無痛ないし無症状をさすので、なかなかそこまでに至るのが難しいのは自分でも諦めている。

 私の毎日はパソコンに向かって平均12時間の座り仕事なので、手術前は首こりがひどかったのが手術後は指先の痺れがひどいのに変わっただけというのが現状である。この指先の痺れがなかなかとれない。寝起きなんかはほとんど痺れていないんだけど、帰りの電車のなかでは右手がずっと左指をさすっている感じである。別に激痛というほどの痛みからというわけではなく、まあ気持ち悪いからという程度である。

 ジョギングも週一で再開しているし、筋トレも再開しているのだが、ジョギングの翌日は首回りに倦怠感があるし、筋トレも然りであるので、なんかしらけてしまい、テンションが上がらないのが現状である。仕事以外に楽しみがない毎日で、おそらくそういう精神状態や疲れから患部の治りを悪くしているのかもしれない。1週間くらい何もしないで寝ていたら、治りそうな気がするのだが、、、。微妙に辛い(T_T)。

このアーカイブについて

このページには、2013年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年9月です。

次のアーカイブは2013年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスランキング

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2