2014年9月アーカイブ

久しぶりに出張

  ただいま新富士あたりに出張中です。出張は久しぶりなんですが、これからまた出張が続きますね。頸椎の手術をした主治医の病院が近いので、メチクールだけでも処方してもらおうかなと考えてはおりましたが、特に報告することもないし、今回は見送ることにしました。

 ところで、今週の火曜日にペインクリニックに行ってきました。麻痺感や灼熱痛はお陰さまで本当に改善したので、残る若干の痺れ感も治して欲しいから行ってきました。今回施術されたのは、おそらく「高周波熱凝固神経ブロック」というものだと思います。ただ、今のところ症状にこれといって変化はないので、もう少し様子をみようと思っています。

 話しは変わりますが、ペインクリニックの療法について、少し疑問に思うところがある。たまに、私にメールをくれる同じ歳くらいの男性もペインに通われていて、その方のメールを拝読すると、ペインの直後から効き目があって、その後数日して効果が消失するという表現なのですが、私の場合は、2,3日は何にも変化がなく、その後効果が表れる(このように医師から伝えられた)パターンで、この方と効果の現れ方が全く逆なんです。私自身、深くペインクリニックについて研究するつもりもないので、医師に言われた通り、いつも効果が発現するのを期待して待っているという感じなんです。その方の場合は、手術が今年の春先となっていたので、私よりもリバウンド症状がでているので、疼痛を抑えるという効果を主眼に施術しているのかなあと勝手に想像していますが、色々な方法があるのかなと思う今日この頃です。

リリカに副作用と報道があったけど

 昨年の頸椎手術後から服用することになったリリカなる薬、世に販売され始めたのは平成22年6月とあるから、そんなに歴史のない新薬なんだなあと改めて認識することになった。報道されている副作用としては、一言で言って肝機能障害ということになる。販売されてから4年間で、私の服用期間は1年超だから、関係ないとは言えないほどの話である。幸いにも服用しなくても良いほどに回復してきているので、この報道を機に服用を止めることにした。(一日一錠を朝食の後に服用していた。)

 ちなみに、もともとファイザー製薬が報告している副作用には以下のものがあって、今回新たに肝機能障害が加わることになるのであろうが、私のケース(世界中で私一人かもしれないが)は含まれていない(関節痛というのはあるけど)ので、ひょっとしたら、今後含まれるかもしれないので、皆様にこの場を借りて報告しておきたい。

 

・呼吸困難、全身のむくみ、体動時の動悸 [心不全、肺水腫]

・顔面・舌・口唇・のどなどの腫れ、蕁麻疹、呼吸困難 [血管浮腫]

・から咳、呼吸困難、発熱 [間質性肺炎]

・顔面蒼白、呼吸困難、蕁麻疹 [ショック、アナフィラキシー]

・高熱、目の充血、赤い発疹、関節の痛み [皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑]

 

 私の症状は2つであった。一つ目は、逆流性食道炎の症状である。主治医にこの症状を訴えると、そのときはプロテカジンという薬を処方された。最近になって、また症状が出たので(別の原因かもしれないが)、友人の開業医に薬を処方してもらい、現在は快方に向かっている。

二つ目は、リウマチ性の関節炎に似た指の関節痛であった。この症状は頸椎症の症状が出ている左手だけでなく、両手だったので、明らかにリリカの副作用ではないかと私は思いこんでいる。その当時(今年の2月くらい)は一日3錠くらい服用していたので、特にこの副作用が気になったが、今はその症状はない。でも、薬の服用を止めたら、症状がでないんだから、素人判断でも薬のせいではなかろうか、と思ってしまう。

 

 以上、どんな薬でも副作用はあるだろう。しかも人それぞれ色んな症状が出るかもしれない。しかし、不条理な話である。リリカなる薬は所詮、疼痛などの神経痛を根本から治すのではなく、ただ痛みをごまかすだけの薬なのに、さらに副作用で患者を苦しめるなんて、、、。

a.jpg

経過報告(3度目のペインクリニック後)

 テニスの興奮のせいですっかり頸椎症のことを忘れていました(*^_^*)。まあ、忘れるぐらいになったと言いたいところだが、まだそこまでには達していない。かといって、ペインクリニックが効かなかったというと、そんなことは決してない。ものすごい効果がありました。灼熱痛もほとんどなくなってしまった。強調しておきますが、神経が障害物に当たっていないという前提の下で神経の炎症を抑えるのには本当にペインクリニックは有効であったと思う。ただ、一日12時間以上もPCの前に座っていると、さすがに少し灼熱痛が発生するが、それでも就寝するころには治まっている。前回のブロックからちょうど1か月が経過した。院長先生も1か月くらいで効果の有無が分かると仰っていた。確かにそのようである。でも、あともう少し改善が欲しいので、敢えて、あの怖いお注射に行くことを決意するのであった。何故なら、医療行為としてまだやるべき方法がないわけではないと院長先生が話していたのを聞いているからでもある。なら、やってもらおうじゃないか。完治率は99.5%くらい。指の感覚もところどころ穴の開いたサランラップを巻いている程度に回復している今日この頃である。

 「二位じゃ駄目なんですか?」なんてトンチンカンなことを言ってのけた政治家がいましたが、駄目に決まっている。初めから二位を目指している馬鹿はいないと思うからである。でも、この話は日本の科学水準を国際的に競う際の話しであり(具体的には予算どりの話しであった)、スーパーコンピュータの演算能力の世界順位である。この話が錦織君のテニスと違うのは結果として演算能力が二位になったとしても別に一対一で対決したわけではなく、そう評価されたということである。

錦織君の場合、決勝まで無敗で上り詰め、世間は騒ぎ立て、錦織銘柄という株価は上昇し、WOWOWは俄かテニスファンが殺到、マスコミは日本の誇りと騒ぎ立てる。そして、錦織君はこれらの雑音にプレッシャーを強いられ、最後に一対一の人間同士の勝負に負けて全米OPを終わることになった。そう、最後に負けて終わるのである。この状態が二位である。彼のメンタリティが正常に保てなかったのは残念なことであった。もっと良い試合が見たかったが、最低の試合であったと言わざるを得ない。別に錦織君を責めるわけでもないが、何故か腹立たしい。準決勝のあと、マスコミはジョコビッチはテニスを人生と捉え、錦織はゲームを楽しんでいると知ったようなコメントをしていたが、テニスをゲームとして楽しんでいるなら、決勝戦で緊張するはずがないし、失礼なコメントである。彼もテニスは人生のはずであり、命の燃焼のはずである。仕事を遊び半分のゲームと考えているのはマスコミの方であろう。

何故か腹立たしい。久しぶりに腹が立った。さあ、明日から気分を平常心に戻し、錦織君を引き続き応援するのだ。

祝・決勝進出(*^_^*)

 錦織選手は、ジョコビッチを左右に振り回すほど強くなったのか?とにかく、本当に凄かった。あの準決勝を象徴する場面は第3セット第3ゲームだったと思う。錦織のサービスゲームで何度も何度もブレークされそうになったゲームであったが、それをキープしたこと、これが後に影響したんじゃないかな。このセットはタイブレークまでもつれ込んだけど、あの第3ゲームをキープしたのが本当に大きかったと思います。しかし、全米OPでジョコビッチが負けるとは思っていなかったので、本当に錦織君のポテンシャルはジョコビッチを超えているかもしれない。

 もう関心は決勝戦に向いているが、対するM・チリッチはテニスファンでもあまり知らないかも知れない選手。ここしばらくはグランドスラムでもベスト16までにも入ってこなかったんじゃないかな。でも気になるのは、彼の体型。私が2年くらい前に見たときは、もっとひょろっと背の高い印象だったんだけど、すごい筋肉質に肉体改造されている気がした。それで、あのフェデラーですら寄せ付けない強烈なサーブが炸裂したのかもしれない。チリッチは準々決勝でT・ベルディヒに負けると思っていたんだけど、ベルディヒにも勝って、さらにはフェデラーにも勝つとは思ってもいませんでした。本当のことを言うと、錦織君自身も憧れていたあのフェデラーとの決勝戦で彼が勝つところを見たかったなあ。チリッチには悪いけど、これは私の願望でもあった。いずれにせよ、機は熟したのかもしれない。明日は早朝から応援しているぞ!!頑張れ、錦織(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。

今宵は錦織君を応援する。

 とうとうやってきた。そう、決戦の土曜日がである。錦織君にとっては越えなければならない大きな壁であろう。ジョコビッチは強い。でも、そんな彼も錦織君くらいの年齢のときには何度もフェデラーの前に辛酸を嘗めていたのである。両親が応援するグランドスラムのコートで何度も悔しい思いをしたと思う。ちょうど錦織君は、あの頃のジョコビッチと同じであろう。だから一回では勝てないだろうと思う。一回で勝ったら、錦織君はジョコビッチよりもポテンシャルが高いかもしれない。いずれにせよ、今宵は彼の戦いぶりを見届けたい。幸いにも明日は日曜日であることに感謝したい。というわけで、前祝いに富山県の羽根屋の夏吟醸を賞味した。がんばれ、錦織(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。

2014-09-01-21-01-54_photo_resized.jpg

 朝早くから興奮気味にテニスを観戦していたので、もうすでに今日は一日の7割くらいのエネルギーを消費してしまった。なんとなくバブリンカに勝つ気がしていたけど、やっぱり勝ってしまった。錦織君のメンタリティは称賛ものである(*^_^*)。もうあのくらいの試合になると、1秒間心が折れただけで試合を相手に持っていかれてしまうし、お互いに何度もそんなところがあった。バブリンカのサーブは好調だったし(ビッグサーブというより、コースがよい)、錦織君はファーストサーブが入らない。これは、まずいと何度も思ったけど、フルセットの末、最後はバブリンカのアンフォースドエラーにより勝負がついた。

 しかし、準決勝はさらにタフな試合になりそうである。ジョコビッチもマレーも錦織君と似たような戦い方であり、さらにショットの正確性、ここぞというときのサービスエースなど、錦織君よりも格段上の選手である。まあ、私の予想ではジョコビッチと対戦することになるだろうから(マレーの方が好きな選手なんだけど、おそらくジョコビッチには勝てないだろう。)、準決勝に勝ったら、ミラクルである。そのときは頸椎症の完治ワインを開けて彼の偉業に敬意を表したいと思っている。

 

 

次の対戦相手はS・ワウリンカ。

 昨日の興奮冷めやらぬまま、錦織君の次の対戦が気になって仕方がない。何故なら、次の対戦相手はS・ワウリンカ(スイス)だからである。テニスファンでないと知らない人も多いかもしれないけど、私の大好きな選手の一人でもある。29歳、スイス出身だから、あのフェデラーと同郷ということになる。フェデラーと言えば、もうレジェンドの域に達しているまさにキングオブテニスであり、そして私のアイドルでもある。ワウリンカはその陰に隠れて、あまり目立たなかったかも知れない。でも今年は全豪OPを制したし、凄い勢いがあるので、私もうれしい。両者ともシングルのバックハンドで、フェデラーがテニスコートで美しく華麗に舞うダンスのようなスイングに対して、ワウリンカはナダルのようなパワフルなシングルバックハンドである。この彼と対戦するのが、我らが錦織選手。もう、どちらを応援していいかわからない。でも、やっぱり錦織君に勝ってほしいかな。

20140406-00010002-tennisd-000-1-view.jpg   20140126-01.jpg

【左がフェデラー、右がワウリンカ】   【左がナダル、右がワウリンカ】

 

錦織選手、感動をありがとう。

  いやあ、、、凄い試合でした。今日は朝からこの試合があったから、仕事は全くやる気なしで、WOWOWオンデマンドで試合を視聴していた。見ている私が何度も心が折れそうになったくらいの接戦であった。4-6、7-6、5-7、7-6、6-4というほとんど引き分けのような試合で、結局はメンタルで錦織君が勝利を引っ張った感じがあった。ストロークのラリーに持ち込んだら、錦織君が有利だったけど、ラオニッチのビッグサーブも要所要所に出ていたので、最後まで勝敗の分からない試合でした。現地時間で夜中の2時半を超える試合だったそうで、本当に錦織圭選手には感謝の言葉を述べたい。しかも、日本人では92年ぶりの全米オープンのベスト8に残ったことになる。対戦相手のラオニッチ選手も好きな選手なんだけど、錦織君が出場する以上、彼を応援するしかないもんね(*^_^*)。ラオニッチ選手もお疲れ様でした。

とにかく、感動をありがとう。さあ、こうなったら優勝目指して頑張ろう!!。

2.JPG  6.JPG

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2