2015年1月アーカイブ

今日のバブリンカは特別強かった & 近況報告

今日の準々決勝のS・バブリンカは特別強かった。我らが錦織君も歯が立たない感じでしたね。バブリンカのシングルバックハンドはフェデラーを超える破壊力を持っているなあと改めて感じました。このシングルバックハンドはスイートスポットにあてるのが本当に難しいので、錦織君のバックハンドのように両手でラケットを握るバックハンドに比べて不利ではないかなと思っていたけど、バブリンカくらいになると、逆にシングルバックハンドの利点である角度のある強烈なリターンを打てるんだなあと感心しました。私も下手くそなシングルバックハンドなのですが、希望を与えてくれる今日のバブリンカでしたね。

キャプチャ.JPG

 

さて、ブログの更新は3カ月ぶりくらいになります。この間何もなかったわけではないのですが、あまり報告できるほどの劇的な変化はありませんでした。ただ、悲観するほどのこともなく、本当にスロースピードで100%完治に向かっているのかなあと思います。前回のブログ更新からペインクリニックを2回、モンゴル整体を2回やりました。以前から主張していますが、ペインクリニックは効果はありますが、C6-C7の患部に遠いのかなあと感じています。硬膜外カテーテルのときは左手(特に人差指と親指)に暖かな血流が流れていく感じがして、これは効くなあと感じたのですが、このときは頸の下くらいから頸椎をめがけてカテーテルを挿入し、その状況をミエロで確認したら、ぴたりC6-C7の近くにカテーテルの口がありましたからねえ。ペインクリニックの場合は、かすかにピリピリっと感じるくらいで、効果は薄いかもしれません。ただ、患部に比較的近いところに麻酔薬のようなものを注入するので、何もしないよりは炎症は治まっているんだろうなと思います。

ということで、本当に普通に日常を送っているのですが、座ってPCに向かう日々なので、やはり治りが遅いかも知れません。事務所で内勤のときは予防的にネックサポータを装着

していますし、これは予防になっています。あと、ペインクリニックの先生に勧められたのが、頸の筋肉を鍛える運動ですね。頸上げ運動などは普通にやっていますが、これと逆、すなわち下を向いた頸を上に向けるときに後頭部から圧力をかける運動をやっています。とにかく地道に頸の筋肉を鍛えることが重要とのことでした。

まあ、治癒率95%から99%を行ったり来たりしながら100%に向かっている感じかな。昨年末は1錠もリリカを服用せずに過ごしましたが、今年に入って、たまに服用する日がありますね。リリカを服用すると、100%完治になりますね(笑)。一生、服用を続けても良いんですけどね。諦めず頑張ります。

このアーカイブについて

このページには、2015年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスランキング

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2