2015年3月アーカイブ

強烈なり(T_T)、インフルエンザB型。

4年ぶりとなるインフルエンザへの感染であった。またもや息子から下請けたのであるが、この時期に感染するのはB型とよばれるインフルエンザウィルスであるらしい。しかし、人類の生命体としての歴史はこのウィルスとDNAに常に支配され続けていると言っても過言ではないであろう。DNAが生物の個体を拝借して遺伝子情報を後世へと伝えるように、ウィルスも一定の抗性を保ちながら、生物へ時折りアクセスして来るといった感じである。ちょうどその抗性を試すかの如くである。本当にやめてほしい。

 先週の水曜日に発症して1週間が過ぎたが、今回は長男坊が感染源となり、家族全滅であった。このB型なるもの、なかなかの毒性と感染力であったと思う。妻と同時に感染し、仲良く二人で寝ていたのであるが、しんどいながら感心したのは、ウィルスがもたらす正確な病状である。妻とほとんどシンクロしていて、熱の上がり方、下がり方、症状の出方など、分刻みで全く同じで、ウィルスにおもちゃにされている感じであった。本当に情けない。A型はワクチンなどで馴染みがあるけど、B型は馴染みがないせいか、イナビル投与の後も、高熱こそ出ないにしても、37度5分くらいを5日間くらいさまよっていた感じで、思いっきり体力を消耗してしまいました。皆様も油断することなかれですよ。本当に、しんどいんだから。

誕生日のプレゼントに

 家内が誕生日のプレゼントにと言って、新しいテニスラケットと磁気ネックレスをくれました。誕生日は1月なんだけど、ラケットの新作を試打してからゲットしたかったので、延び延びになり、10日くらい前にようやくプレゼントの贈呈となりました。ラケットの効果は、まあ本人のスキルが影響するので、ここでは割愛するとして(笑)、一緒にくれた磁気ネックレスの効果について言及したい。

 頸椎症の手術を受けて、術後の痺れを若干引きずっているので、試せるものは何でも試そうと思ってはいましたが、ペインクリニック、整体やビタミン剤など身近なところを試して一定の効果が出ているけど、ここにきて磁気ネックレスなんかで効果が出るはずがないと思っていたら、結構効果は大きかったかも知れない。まあ、ひょっとしたら治る時期にあったのかもしれないけど、なかなかの効き目である。もともと肩こりのひどい家内が自分の肩こり予防にと始めたネックレスらしいのだが、効果があるからと私のために用意してくれていたみたいなんです。今は、肌身離さず着けています。そうもちろん寝る時もです。まあ、頸椎症の方(実際に神経に骨棘やヘルニアがあたっている方という意味)にはあまり効かないかもしれないけど、私みたいに術後の痺れを緩和させるのには、血行を良くするということは基本的だけど良いんじゃないかなあ。値段も手軽だし(私が毎年渡すプレゼントより随分と手軽な値段であるなあと実感する。実に恐ろしい(-_-;)。)、一度お試しあれ。写真は私と同じタイプのものです。

 

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2016年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2