2017年7月アーカイブ

術後経過報告(45日)

| コメント(0)

 614日の手術から約1か月半が経過した。ブログを書いているから、日記みたいなもので、ふと昨年の今頃に書いたブログを見ていると、クーラーで体が冷えて、頸に発作が起きて大変だった云々と書かれていたが、今年も急に暑くなった7月中旬くらいから、同じような症状になった。いや、正確には症状になりかけた、が正しい。ならなかったのは明らかに今回の手術の賜物と胸を張って言えます。というのも、ここ数年クーラーで頸をはじめ、体が冷やされたときは、座って頸を下に俯けると頸の後ろの付け根に嫌なツッパリ感があったのだが、このツッパリ感が手術のおかげでなくなった感がある。ただ、クーラーで体が冷えていることは昨年と同じなので、先週の土曜日に家族でスーパー銭湯に出かけ、1時間ほど入浴を楽しんだ結果、更に楽になった感がある。自宅でも1時間くらい入浴した方がこの季節は良さそうなんだけど、スーパー銭湯でも行かない限り、1時間も風呂につかることはないのが現実である。

 左手の親指、人差し指はゆっくりと快方に向かっていると思う。前回の土屋先生の診断では早くて3か月は症状があると言われているので、もうしばらくの辛抱である。薬の服用は、リリカ75㎎が一日一錠、メチコバール一日3錠(これははっきり言って効いているかどうか全く不明、まあ気休め)、デパスは就寝前に一錠を半分に割って服用、と薬はこんな感じである。

 この猛暑が過ぎ、秋の訪れを感じる頃に完治しているんだろうか。

術後診察で浜松へ

| コメント(0)

 昨日、仕事を午前中で切り上げて浜松へ行ってきました。術後、約1か月が過ぎますが、今回は普段は頸椎カラーをして仕事に臨み、大好きなテニスを休止し、意識して無理をしないように養生してやってきたから大丈夫だろうと思っていました。MRI画像診断では、椎間板ヘルニアの骨化していたところがきれいに削られている様子を説明していただきました。リリカを一日一錠服用していますが、左手親指と人差指に若干の痺れと灼熱感が残るのは術前と同じ(若干症状は改善)なので、不安は残るんだけど、土屋先生曰くMRIを見る限りでは半年以内に症状は治まるだろうということなので、完治が目前となった感じで、ほっとしております。とにかく、あと半年くらいは普通に生活は送るけど、病人なんだと思うことにしている。

 すずかけセントラルを後にして、今日は浜松駅前のうなぎ屋「八百徳」で鰻を食して帰りました。仕事では何回か訪れた浜松であったが、手術や診察で訪れたときは、うなぎ屋も素通りでトンボ帰りしておりました。というか、気持ちに余裕もなかったんでしょうね。浜松もしばらく訪れることはないのかな。浜松に縁ができましたが、これで最後のような気がします。嬉しいような、寂しいような感じです。

 ということで、ここからは、ツィートですが、大阪はホンマにええとこですよ(笑)、土屋先生、この4年間色々とお世話になりました。完治したら、大阪でワインのご接待させていただきますけどねえ、、、大阪はええとこなんですから。

退院20日目

| コメント(0)

 術後の傷口は本当にきれいに治りました。確かに低侵襲な創部です( ^)o(^ )。問題の症状ですが、100%完治とまではいきませんが、このまま完治するんじゃないかと思う瞬間が何度かありましたので、期待できそうです。まあ、しかしX JAPANYOSHIKIの言った「座ると頸が痛い」は本当に良く分かります。健常者は座ると楽なんだろうけど、神経根症の人は座ることが辛いということなんだろう。私も座り仕事だから、術後休みなく仕事をしていると、以前の症状が出現してきます。ただ、だいぶその症状は弱まりつつあります。

 しかし、思えば頚椎症歴は20年くらいになるんでしょうか。世間に言う「失われた20年」ですね。この症状のおかげで、旅先での寝違え、車運転での頸痛、偏頭痛、その他いろいろの症状が出て、ストレスに苛まれましたね。何と言っても、最後の7、8年間はテンションが上がらないという状況に陥ることもしばしばでしたね。これが一番やばいメンタルの崩壊ですよね。何とかその状況もクリア出来そうです。そう、今はそのすべてが生じないですね。特に偏頭痛は10年くらい前までは頻繁になっていましたが、今は頭痛は全く生じなくなりました。多分、偏頭痛は頸椎症が関係していたんでしょうね。

 土屋先生の手術を受ける人、受けた直後の人で、このブログを読んでくれている人がいたら、伝えておきますが、手術は低侵襲なんですが、やはり椎骨を削ったり、骨化した椎間板ヘルニアを削ったり、出血したりと、見えないところで打撲に似たような症状になっているところがあると思うんです。なので、創部の傷口だけ見て判断せず、1か月くらいは養生した方が良いと思いますよ。ちゃんと頸にカラーもしたほうが良いと思います。私は毎日カラーをしております(時節柄めちゃくちゃ暑苦しいのですが)。くれぐれも無理はしないことです。というか、そもそもリハビリを受けながら、2週間くらいは入院した方が良いかもしれませんね。そうすれば、無理できない環境になりますからね。そう思いませんか、T先生(笑)。

P_20170704_224654.jpg

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

アクセスランキング

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2